TGO月例規定  
 
  ■月例コンペ規定  
     
  1)毎月1回、土日、休日のどちらかに開催  
  2)月例成立は3組を最小組数とする(但しメンバー、もしくは準メンバーが9名に満たない場合は不成立とする)  
  3)悪天候、参加人数不足などで月例が成立しない場合はキャンセルとする   
  4)月例で優勝、準優勝したメンバーは定められた月の幹事を担当する。都合が付かない場合は責任持って他のメンバーに代理を頼む  
     
  ■参加資格   
     
  1)TGOメンバー、準メンバーが参加資格を有する  
  2)ゲストはTGOメンバー、準メンバーの紹介があれば参加可能とする   
     
  ■競技方法   
     
  1)18Hストロークプレイ   
  2)USGAの定めるルール、及びローカルルールを適応する   
  3)OB、ロストと思われる場合は必ず暫定球を打つ   
  4)セーフと思ったボールが見付からなかった場合、本来は元の位置から打ち直しであるが時間短縮の為紛失したと思われる場所に
  ドロップし、2打罰でプレイする
 
  5)使用ティーは男性はブルー、女性はレッド(女性ティー)とするが55歳以上のメンバーは事前申告で白ティーを選べることとする  
  6)白ティーを選択した場合は他のティーからのプレイはできないこととする(HCを公正にするため)  
  7)スロープレイは厳禁なので準備のできているプレーヤーから最初に打つレディーゴルフを心掛ける   
  8)各組のリーダーは責任持ってペースが遅くならないように心がける(絶対に前を開けないこと)   
  9)各組のリーダーはペースをキープするためにダブルパーでピックアップなどの処置を臨機応変に判断する   
     
  ■表彰   
     
  1)各月担当幹事が決めた順位賞、各賞を授与する   
  2)月例参加3回に満たないTGOハンディキャップを持たない準メンバー、参加費を払ったゲストは順位賞を除く各賞の権利を有する  
  3)同ネットの場合は@ローハンディ者A年長者の順とする。ベスグロも同様とする  
     
  ■ホールインワン基金   
     
  1)ホールインワン基金の受け取り有資格者は正メンバー、3回目の出場の準メンバーとし、ゲストは参加資格無しとする  
  2)参加費1ドルはアクティビティーに含まれる   
  3)ホールインワンの金額は1000ドルとする   
     
  ■メジャー大会   
     
  1)4月、8月、12月の月例をメジャー大会とし、TGOCUPポイントが割増しで加算される   
     
  ■TGOCUPポイント   
     
  1)メジャー大会を含む毎月の月例での成績によってポイントが加算される   
  2)年度末にポイント優勝者は年間チャンピオンとして表彰される   
     
  ■GRAND CHAMPION   
     
  1)前年度の優勝者のみでスコアを競い、毎年1月にグランドチャンピオンを決める  
  2)グランドチャンピオン大会は1月月例の中で行われ、ハンディキャップは表にある累計の平均で決められる  
     
  ■参加費  
     
  1)参加費の金額は当月担当の幹事が参加人数によって決定する  
  2)集めた参加費は各賞への賞金に充て、会には運営費としてゆさから指示の合った金額(平均で30ドルくらい)を入れる  
  3)準メンバー、ゲストからは順位賞、HIO基金を除く参加費を徴収するが金額は目安としてメンバー参加費の3分の2程度とする  
  4)ゲストのアクティビティーへの参加はあくまでも任意とし、事前に確認する  
     
  ■キャンセルに関して  
     
  1)体調不良、仕事、急用などで止むなく土壇場でキャンセルせざるを得ない状況を除いてはなるべくドタキャンは避けるようにする  
  2)ドタキャンの場合、状況によってはキャンセル料が発生する場合がある  
     
  ■収支報告  
     
  1)毎月の月例終了後担当者(ゆさ)は収支を掲示板にて報告する  
     
  ■幹事  
   
  1)幹事は以下の幹事マニュアルの流れに沿って月例の準備、当日の運営を行う  
  2)参加人数の調整などは担当のゆさに連絡して対応してもらうが、キャンセルポリシーなども含めて担当幹事がコントラクトの内容を
  把握しておいた方が良いと思うので、担当幹事、森永、たけしに毎月のコントラクトのコピーを送ってもらい共有する
 
  3)大人数の参加者があった場合は役員が幹事に入って3人体制とする  
     
   
       
 
>前月月例終了後に行う事(数日以内のなるべく早い段階で)

 1)ゆさに月例内容の確認(最小、最大人数、締切日など)
 2)アクティビティーフィー・HIO(ホールインワン基金)などの価格設定
   *基本ゲストからはアクティビティーフィーは頂いていません。(参加希望の場合を除く)HIO基金は任意です。(メンバーのみ)
 3)出欠党幹事長サイトへのアップ、森永へリンクの依頼連絡
   *こちらのサイトから出欠表を作成し、森永へURLを連絡してください   http://kanji.kodama.com/
 4)Golkichi (http://www.golkichi.com/)でのイベント作成、メンバーへの告知を併用する
 5)一斉メールによる全員への告知(必要な場合)

>出欠申請締切後に行う事

 1)ゆさへ最終人数の報告
 2)ペアリング素案作成(森永が参加する場合は写真撮影があるので1組目に入れてください)
 3)組み合わせ表をサイトへアップ(遅くとも前日までに)
 4)各賞の設定と景品、賞金の振り分け決定
   *グループ戦、スキンなどのエクストラ競技を行う場合は事前にゆさと打ち合わせをする
 5)各賞用の封筒、おつり用の1ドル、5ドル、10ドル札などの準備
 6)たけしが不参加の場合は集計プログラムの受け取り
 7)森永が参加できない場合はカメラマンの確保
   *集合写真、優勝者のトロフィーを持った写真(いずれも横位置)は必須
 8)前月優勝者へのトロフィー持参の確認(出場できない場合は事前に受け取る)

>ゲストに関して

 1)ゲストを連れてくるメンバーは幹事にゲストのフルネームを伝える
 2)ゲストを連れてくるメンバーは幹事にゲストの公式HCか平均スコアを伝える

>悪天候の場合

 1)雨天など悪天候が予想される場合はゆさへの連絡、また送ってもらったコントラクトと合わせコース側との
   キャンセルポリシーなどを確認

 2)中止かどうか微妙な場合は災害など危険な状況ではない限り参加者には集合してもらう
 3)明らかに中止になるような天候ではない場合はできれば担当幹事は直接コースに出向いて担当者と話す
 4)当日天候が怪しい場合は予め各グループのリーダーとラウンド中に連絡が取れる体制を整えておき、中止などの判断を速やかに
  伝えられるようにしておく

>月例当日用意する物

 1)各賞の封筒 
 2)1ドル、5ドル、10ドル紙幣の用意
 3)幹事バッグ
 4)ニアピン、ドラコンのペグボード(コースから借りてもOK)
 5)集金表(集金状況の確認用)
 6)ラップトップPC
 7)トロフィー

>当日スタート前に行う事

 1)早めにコースへ到着すること
 2)受付場所の確保
 3)コース側とスタート時間、カートチェックイン方法などの確認
 4)受付開始、集金
   *事前にゆさから連絡があると思うが平均で20ドルくらいは会に入れてください
 5)可能なら各賞の賞金分けを行い封筒に入れておく
 6)朝礼、あいさつ
   *ゲスト、初参加、新メンバーなどの紹介
   *ルールの説明(OKパットは1グリップ)
   *レディーゴルフの奨励、スロープレーに注意
   *各賞の概要(ドラコンホールなど)
   *各組リーダーへのスコア提出、パット数計算などの依頼、確認
   *最終組へ旗などの回収依頼
   *チェックイン方法などの案内(名前を呼ばれたらカートを取りに行くなど)
   *集合写真撮影
   *スコアの提出は必ずお互いに確認してアテストのサインをもらうこと
   *スコア表への記入は必ずストローク数を記入してもらう(記号やアンダー、オーバー数で書かないこと)

>競技後に行う事

 1)表彰式の場所確保
 2)各組のリーダーからスコアカード受け取り(アテストサイン確認)
 3)スコア集計
 4)最終組から各旗の回収
 5)表彰
 6)次回月例の幹事紹介(いない場合は次回月例の案内)
 7)ペグボートをコースから借りた場合は責任持って返却

>写真、結果

 1)森永が月例に出られない場合は写真、結果を速やかに送ってください
 2)写真は下記のサイトからデーター便でパスワード無しで送ってください

  https://www.datadeliver.net/

 3)送り先は両方ともTGO宛てです

  tgo2006@gmail.com